ごあいさつ

このたび、4月の総会において小樽商科大学グリークラブ札幌OB会会長の任を拝命いたしました昭和55年卒(パート ベース)大石でございます。

 初代池田会長、高橋元会長、そして山田前会長の後、今まで培われてきた良き伝統を引き継ぎ、さらに進化させて活気のあるOB会活動を目指し、甚だ微力ながら頑張って参りたいと思います。今後も引き続き皆様のお力添えを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 本会は、平成18年に組織化し、「会員相互の親睦」、「演奏会活動」、「現役の支援」という三つの基本を柱に活動して、早10年が経過しました。その間、主だった演奏会活動は、創部90周年記念、大学創立100周年記念、さらに昨年7月には創部95周年記念の演奏会を開催し、現役時代と同じような演奏会での達成感を味わうことが出来、会員相互の親睦を深めあえたこと、ご来場の皆様と共に合唱の素晴らしさを共有できたものと思っています。これもひとえに、OB会会員及び大学等関係者、さらにご家族の協力があってこそ成しえたことであり、ここに改めて、皆様に心から感謝申し上げます。

 さて、本会では次なる演奏会の目標について、1920年(大正9年)に小樽高商音楽部を前身とする我らグリークラブが創部100周年、2020年に記念演奏会を開催することを4月の総会において決定しました。

 今後、創部100周年記念演奏会に向けて、現在OB会活動に参加しているOBの皆様はもちろんのこと、未だOB会活動に参加し演奏会に出演する機会に巡り合っていないOBの仲間も巻き込み、全国各地の仲間と共に大きな節目の100周年記念という演奏会に100人参加による実現を目指し皆様と共に企画し、練習に励んでいきたいと思っています。

 実現にむけて、皆様の絶大なるご協力よろしくお願い申し上げます。

 

平成28年6月 

小樽商科大学グリークラブ札幌OB

第四代会長 大石 晴也